さとぅーの日記

理系大学院修士1回生のさとぅーです。趣味はゲーム、筋トレ、ランニングです。自分の今までの考え、経験を文章化したいと思います。

~ウマ娘~3月になりましたね

こんにちは、3月になりましたね。名目上の就活解禁です。早期選考を逃してしまった企業のESの提出が始まり、かなり焦っています笑

 

今日は昨日記事で書き忘れた、ウマ娘について書いていきたいと思います。

 

ウマ娘 プリティーダービー

先週水曜日にリリースされましたね。2018年にアニメ1期が放送され、3年間ずっと待っていました。こちらが僕の現在の状況です。

f:id:masayann1027:20210301160303p:plain

10連でスズカ、ライスを引き、引換券でオグリキャップを引いてスタート。

実際は、サポートカードが重要でたづなさんを引くまでリセマラしたほうがいいだとか。長く続くかわからないので、エンジョイ勢が一番。

やってみての感想はパワプロシャニマスとシステムがまんま一緒だということ。

なんなら改造手術もあるらしい。

後は意外と、レースシーンは見てて楽しい。追込型のゴールドシップを育てたとき、後方集団から最終コーナーでどんどん追い抜き一位でゴールする瞬間は課金してが茶を引かずとも脳汁ドバドバでます。

f:id:masayann1027:20210301161716p:plain

現在は、長距離で育てづらいライスシャワーを育てています。なかなかステータスの割り振りが難しいんですよね。

ESを書きながら、だらだらと続けたいと思います。

2月4週目まとめ

昨日は、デートで記事を書く前に寝てしまいました。

毎日書くことを目標としていましたが、初めて1週間足らずでサボってしまうのは恥ずかしい限りです。

だからといって、ここでやらなくなるのは意味がないので忘れてゆっくり書き続けたいです。日曜日は先週一週間のまとめを書きたいと思います。

 

就活続行

今週一番の出来事は就活続行を決めたことじゃないでしょうか。2月上旬に合格通知をもらったことから、条件を満たしていると考え、終わらせようと思っていました。

しかし、自分の選択肢をひろげるため、無意識化にある続けるのが面倒な気持ちに向き合うことができました。

きっかけをくれたのは、部活の同期なので本当に感謝しています。

 

ひげ脱毛

月曜日にひげ脱毛に行きました。施術後、約一週間経過しましたが、ひげの毛先が丸くなり剃りづらいこと、毛穴がぽつぽつしていて泥棒ひげになっています笑

次回は4月下旬にあるので、その後に対面の面接がないことを祈るばかりです。

 

ポケットモンスターダイヤモンドパールリメイク

これが今年最大のニュースですね。物心ついた時からずっとポケモンしてきましたが、ダイパが世代です。ダイパキッズの夢がついにかないました。

 

正直言うと、リメイク作品のグラフィック、二頭身を見て一瞬のうちに不安になりましたが、発売前はさんざん文句言いつつ、必ず買っているので、評価はまだわからないです。

 

スケート

昨日スケートに行ってきました。高校生以来でとても懐かしい感じがしました。

ほとんど相手に並走していましたが、楽しいですね。

 

たまに何書けばいいかわからないので、見たアニメの感想でも春アニメからは書きたいと思います。

理系大学院生就活奮闘記~早期選考編~

今日は昨日から一転、早期選考を受けた企業を整理したいと思います。

 

①大手子会社メーカー

夏に1日会社説明会、秋に1日インターン、冬にESの添削、SPIの評価を貰える個別面談がありました。

 

3回通して、1人の採用担当の方がついて下さり、話しやすく、質問しやすい環境でした。その後のスケジュールはこんな感じです。

 

1月中旬 ES提出

1月下旬 1次面接

2月上旬 2次面接

一週間以内に合格通

 

2回の面接(呼び名としてはジョブマッチ相談会)で合格とは思っていませんでした。

現在は承諾保留。

 

面接の感想としては、2回とも気さくな部長クラスと1対1で話し合い、逆質問が多めの約1時間の面接でした。

 

②関西SIer

インターン選考面接からの1日夏インターン、秋に就職相談会、冬に2日インターンでした。

 

どれも対面で、同じく就活に戸惑う学生と情報を共有できたのは貴重な経験だと思います。

 

手書きのESを提出してから、1月下旬に人事2人との面談でした。20分ほどで聞きたいことだけ聞いたみたいな感じです。

 

選考通過の連絡が遅いこと、次の面接の日程も3月中旬と選考と選考の間が長く感じます。

 

就職活動中にこういった感想を漏らすのは、まずいのでしょうか?

鍵垢にしなおそうと思います。

推薦について~考えの整理~

今日は早期選考で受けた企業の面接面談の話を書いていこうと思っていました。

 

しかし、推薦の一次締め切りの期限が明日までということもあり、余裕がないため、自分の考えを整理するために今日は書こうと思います。

 

数日前、部活の同期から大企業の子会社に就職することをかなり強く止められました。今では感謝しています。

 

楽したい気持ちが自分の中で強かったんじゃないかと思います。

 

推薦を取るうえで考えていく基準として、

①4月中には内々定が出る。

②同じ専攻の他の人と争わない(成績が低いため)。

③できれば関西勤務

 

これ以外は特に気にしません。

ただインフラは自分の将来を見据えたとき、発電所などで数年下積みして、キャリアを重ねていくことがピンときませんでした。

 

やはりメーカーだなと思います。

 

早めに考えをまとめたいですね。調べるのも大変だなあと思います。

理系大学院生就活奮闘記~夏インターン編~

昨日、「理系大学院生就活奮闘記~就活の軸決定編~」として、夏インターンに申し込む前までの思考過程を書き起こしたので、今日は夏インターンの選考とインターンを経験してみて、感想を書いていきます。

 

申し込んだ企業・選考について

転勤の少ない企業

①電力、ガス会社の中で、弊大学に推薦のないガス会社

→1週間のプラント見学、ソリューション体験

 

転勤が少なく、開発ができる企業

②関西に根差した、SIer企業

→1日の上流工程体験(グループワーク)

③東京、大阪の都心にオフィスがある、製鉄系大手SIer企業

→1週間の上流工程体験(グループワーク)

 

以上3つの企業に申し込みました。ES(エントリーシート)は前の記事でも登場した、研究室の先輩に添削、アドバイスをいただいて提出しました。

 

新型コロナウイルスの影響もあり、倍率が高かったのか、全ての企業で面接がありました。

面接の感想としては、1週間のインターンがある大手企業では、インターンの参加は早期選考→内定に直結することから、硬い雰囲気で15分程度で行われました。

 

しばらく人と話さず、志望動機もあいまいな僕は、②の1日のインターン以外落選・・・。

就活を始めたての僕は、少し自信を失いかけます。

 

しかし、ショックを受けているままにもいかず、他企業のインターンもどんどん締め切られていきます。

 

インターンに参加して

ここで、焦った僕は1日限りのインターンを数社受け、最終的には5社ほどになりました。

 

今思い出せる内容もないくらい、適当にオンラインで受けていたと思います。

 

この中でも印象に残った企業を3社ほど紹介しておきます。

 

①面接に合格した関西SIer企業(後の早期選考企業①)

昨年の社会情勢では珍しく、対面で本社に集合してのインターンとなりました。

他はすべてオンラインだったので、円滑で楽しいグループワーク、配給されたお弁当がおいしいなど、いい思い出があります。

 

女性の比率が高く、男女比5:5には驚きました。

 

②関西に本社・事業所がある大手軽自動車メーカー

初めてのグループワークを経験した企業になります。

様々な学歴の人がいたこと、オンラインのグループワークはぎこちないものになること、などなど新鮮な経験ができたと思います。

 

③転勤なしの大手子会社メーカー(後の早期選考企業②、内々定企業)

分社前はゲーム機のMPUを作製した企業です。

採用担当の方だけでなく、若手社員、ベテラン社員の方々も風通し良く仕事をしていることが伝わりました。

 

インターンはここまでになります。

秋・冬インターンでは、夏インターン参加者にのみ案内されるインターン、説明会には参加しました。落選したガス会社、大手SIerにも再び申し込みましたが、書類選考で落選するという・・・。

 

この時点で、縁のない企業だと思い、諦めるつもりでした(笑)

 

明日は早期選考について書きたいと思います。

 

P.S.

就活を終えるつもりでしたが、大手企業の子会社に行くのは将来の自分が後悔しないか考えた結果、その親会社の推薦を取りたいと考えました。推薦をとっても、落ちる可能性があるのがつらいところですね。

 

自分の軸を曲げることになるかもしれませんが、全力を尽くせば、後悔することはないかと思います。ここまで来たら二者(社)択一です笑

理系大学院生就活奮闘記~就活の軸決定編~

今日はほぼ就活を終えた?僕の考えかたやどのような経験をしたか、備忘録として残しておきたいと思います。

 

就活を始めたのは、夏インターンの申し込みが始まる6月からです。自粛期間で2か月ほど家にいた僕は、途端に焦って企業探しを始めました。

僕の専攻と就活の軸

僕の所属している専攻は材料系で、金属材料、半導体などリクナビマイナビの登録サイトでは、専攻を選択する際に「材料系」という項目がないくらいです。

 

先輩の就職先も華やかで、名のある大企業がほとんどです。しかし、僕は名のある大企業よりも就活の軸を一番にして進めていきました。

 

①転勤のないor少ない企業

→これは、総合職として働くにあたってかなり選択肢が限られてくるのかもしれません。しかし、将来誰かと結婚して、家庭を持つことを考えたとき、単身赴任や転勤をするのは、考えられないからです。

 

②開発職

→技術の最先端に立って、新技術を開発することにあこがれていました。また、人と競争して業績を上げていくような営業職よりは、グループやチームの中で協力して、一つのものを作り上げる業務を行いたいと考えていました。

 

この2つを確実に実現できるような企業に就職できるよう、企業探しを行いました。

当時志望していた業界は、安定していそうなインフラ(ガス、電力など)、都市部に住めそうなIT(SIer)、開発職のイメージがある機械、半導体業界でした。

理由にもあるように、適当なことしか考えていませんでした笑

 

加えて、学部生のとき所属していた研究室の先輩から、推薦がある企業のインターンに参加しても早期選考があるわけではない。早期選考で内々定をもらって、推薦の話し合いで心に余裕を持つ。などのアドバイスをいただきました。

 

今日はここまでになります。

ブログを始めたのはいいものの、1000字前後で長く続けられるよう毎日少しづつ更新するスタイルがいいと考えています。

次は夏インターン選考と夏インターン編です。

 

ヒゲ脱毛!~ゴリラクリニック~

ヒゲ脱毛

タイトルの通り、本日ゴリラクリニックへヒゲ脱毛しに行きました。

僕にとっては、初めての美容目的の医療です笑

 

ヒゲ脱毛をしようと思ったきっかけは、

・ほほやもみあげの生えてる範囲が広く、肌が青くなってる

・単純に毎日剃るのは面倒くさい(社会人になったら毎日剃らないと…)

 

この2つに限ります。

 

死ぬまで、ヒゲを剃り続ける時間と交換するシェーバー代のコストと脱毛料金を天秤にかけて決定しました。

 

一般男性でヒゲ全てを脱毛しようとした場合、学生割引でも約17万円かかりました。

これに施術後のスキンケアプランを加えて+6万円の計23万円となりました。ぴえん

 

僕の場合、麻酔は使わず、アトピー性皮膚炎で施術前のスキンケアプランを除いたこと、平日11~15時に行けるため、休日料金はかからなかったので、まだマシです。

 

どこの治療でも、最初の料金は安く見えて、オプションで高く取られるのは常とう手段だと思うので、十分許容範囲内です!

 

実際の体験談

行ってみて思ったことを綴ります。

 

まず

・受付の人がみんな美人(流石高いだけありますね)

・待合室がきれい(無料のソフトドリンクとか少し感動)

→とにかくおしゃれでした!笑

 

次にカウンセリング

・美人と密室で話されて緊張した(小並感)

・受付の人も医師もやはり丁寧な説明

→スムーズに進みました。

 

料金を確定させて、実際の施術

麻酔なしだとめちゃくちゃ痛い

→痛すぎて、過呼吸になるくらいでした汗

 特に鼻の下、あごヒゲあたりは、針を奥まで突き刺されてるくらい。

 担当の看護師さん曰く、回数を重ねるごとにほほ、もみあげあたりは

 次第に毛が抜け、痛くなくなるそうです。(鼻の下、あごヒゲは変わらん)

 我慢するごとに麻酔代3000円節約できてると思えば、耐え。

 

ヒゲが薄い人ならここまで苦しむことはないかと思いますが、僕は濃く広い感じなので、苦しみながら2か月に1回通うことになると思います。

 

当日の夕方になりましたが、まだ顔がヒリヒリします。

明日以降、肌荒れが起こらないよう、スキンケアを徹底します。

 

脱毛の話は、また2か月後に話すとしましょう。

次回は就活の話(インターン編)でも書こうと思います。

 

P.S.

招待すると、お互いにキャッシュバックがあるそうなので部活の同期に

激推ししていきたいです。